My Photo

SDD


  • 《注意》リンク先は音が出ます! STOP! DRUNK DRIVING PROJECT
~もう一度、飲酒のマナー、運転のルールについて、みんなで一緒に考えましょう~
    STOP! DRUNK DRIVING PROJECT ~もう一度、飲酒のマナー、運転のルールについて、みんなで一緒に考えましょう~ このプロジェクトをあなたに紹介します。 http://fmosaka.net/sdd/

リンク

NET-SHOP



  • 楽天市場


SHOP LINK

  • ブックオフオンライン【PC・携帯共通】
  • MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
  • ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
  • 【CW-X】カラダを動かすことはココロを動かすこと。自由に思いのままに動くだけで楽しくなる。カラダを動かす方へのコンディショニングウェア、CW-X!
  • GOLDWIN WEB STORE
  • アウトドア&スポーツ ナチュラム

« 麦秋の候(初夏の嵯峨野・落柿舎) | Main | 紅葉の嵐山・嵯峨野マラニック »

2014.09.05

実りの秋目前@ひっさしぶりのロードバイク

前回のブログ投稿から約3か月。久しぶりの投稿となりました。

9月になってひさーしぶりにロードバイクに乗ってみようかと(これまた4か月ほどぶり)近場を走ってきました。

まずは、嵐山をへて嵯峨鳥居本から山のコースの始まりです。

↓嵯峨鳥居本・平野屋前。奥嵯峨の落ち着いた雰囲気です。
Img_7490

六丁峠をゆっくり登って保津峡をへて水尾へ。

↓水尾では柚子が大きく実っています。秋になればまっ黄色になります。
Img_7492

↓樒原の鎧田(鎧のように見える棚田)
Img_7496

↓河原邸とこうべを垂れる稲穂。
Img_7498

この先の嵯峨越畑・そば処まつばら前では毎年恒例で「ぶどう直売所」でブドウの販売が始まっていました。リュックをもってたら買ってたのですが、残念。

↓通行止めの看板。国道477号(旧道)は越畑~郷の口間の途中が通行止めとなっていて亀岡方面へ向かうには紅葉峠からしか行けません。どうしようかと考えて、亀岡へ向かうのはやめて、神吉から細野をへて周山街道へ抜けるルートを走ることにしました。
Img_7500

↓廻り田池の浮島が大分干上がっています。今年は豪雨が多いので、日吉ダムの調節によって、このくらい干上がっていてくれているので下流の嵐山や桂川が昨年ほどの洪水にはならずにすんでいるのかなと思います。
Img_7501

↓神吉小学校前あたりにある交通安全人形。「ベッキー」という名前らしいですが。名前の根拠がわからないので人形自体に名前が書いてあるかと探しましたが、とくに見当たりませんでした。??
Img_7503

↓たわわに実った栗。気候は不順ですが、豊作の秋となるでしょうか。
Img_7504

↓神吉の風景。
一面に広がる田圃。ほっと一息入れたくなる風景です。
Img_7505

月間500キロほど走っていた以前なら、それほどでもなかったコースですが、定期的に乗っていないとダメですね。距離感が変わってしまったのか、単に走る速度が遅いだけなのか、なかなか思うように景色がかわってくれません。また、コース後半になってくると股関節と腰が痛くて痛くて(一晩寝れば治りましたが・・・)。

無添加!京都水尾産のゆずの砂糖漬け 3袋セット柚子の砂糖漬け【京を食べる】【Kyoto Japan】【あす楽対応】【海外発送】【RCP】fs04gm 10P21Aug14

感想:31件

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事がよかったらぜひバナークリックをお願いします!

« 麦秋の候(初夏の嵯峨野・落柿舎) | Main | 紅葉の嵐山・嵯峨野マラニック »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 麦秋の候(初夏の嵯峨野・落柿舎) | Main | 紅葉の嵐山・嵯峨野マラニック »

counter

Weather

無料ブログはココログ

Copyright


  • Copyright © 2003-2015
    ロードバイク茄子日記
    All rights reserved.

    <Caution!> I am sorry. This page is not received other than a Japanese comment. The comment and track back from other languages deletes. Since because, "nasubi" cannot understand any languages other than Japanese.